So-net無料ブログ作成

できるキッズ 子どもと学ぶ JavaScript プログラミング入門 [マニュアル本 解説書]

できるキッズ 子どもと学ぶ
JavaScript プログラミング入門  

大澤文孝 & できる編集部 著 という本を、
図書館で借りてみました。


ところが、この本で推奨しているテキストエディター、
Visual Studio Code の最新版、
VSCodeUserSetup-x64-1.37.0.exe が、
ThinkPad W520 Windows10 にインストールしても、
黒い画面のまま。
Visual Studio Code.jpg




ThinkPad T520 Windows7 に入れると、
どうということなく使えるのに。Java1.jpg





それで、探したら、ありました。
しかも、↓ のパソコンも、ThinkPad W520!!!


■ 2017-11-11
Microsoft Visual Studio Codeが真っ黒け → 解決
https://shigeo-t.hatenablog.com/entry/2017/11/11/050000 
VS Codeの起動時に
コマンドラインからオプションパラメタ
" --disable-gpu"を入れてみた。
C:¥Users¥Shigeo>code --disable-gpu


私の場合は、
C:¥bin¥code  にインストールしたので、
C:¥bin¥code --disable-gpu
で実行してみましたが、

'C:¥bin¥code' は、内部コマンドまたは外部コマンド、
操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。

というエラーメッセージが出てしまって、
うまくいかなかったので、

旧バージョンOctober 2018 (version 1.29) を、
https://code.visualstudio.com/updates/v1_29 
入れてみました。
これでもダメなので、古いバージョンをいろいろ試したけど全滅。


November 2017 (version 1.19)
https://code.visualstudio.com/updates/v1_19 
June 2018 (version 1.25)
https://code.visualstudio.com/updates/v1_25 
August 2018 (version 1.27)
https://code.visualstudio.com/updates/v1_27 





「VS Codeをコマンドラインで起動する」ということ自体、
???なので、私のやり方が違っていたのかもしれないけど。

■ vscodeをコマンドラインで起動する方法
http://note.mokuzine.net/vscode-cmd-line-start-up/  



結局、2019年8月14日の時点では、
Visual Studio Codeを使う時は、
ThinkPad W520 Windows10 ではなく、
ThinkPad T520 Windows7 で使うしかないと思いました。



■ 追加
ところが、
ThinkPad W520 Windows10 に、
Visual Studio Code がインストールできたんですね。
それについては、次回 に。











コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。